www.3112.net > |を攀める晩囂奕担傍

|を攀める晩囂奕担傍

を攀める邪兆:わきをつめる袋瀧咄:waki wo tsumeru吭房:海寄撹繁(栖坿噐除弊,恬葎撹繁議炎崗繍才捲和何曾迦議蝕笥侃血栽).(嘛富の孵はあけておいた、彭麗の倪の和を血ってふさぐ.撹繁する.)箭鞘:この徨もを攀める扮旗に秘るね./宸頃徨匆欺阻撹定議扮昨阻椿.

功を攀める、こんをつめる、kon wo tumeru淳勝畠薦議吭房,eg:功を攀めて碧並をする.

貧り攀める‐のぼりつめる/‐noboritsumeru/⊥ ‐麿強簡,匯粁/屈窃/1. 妬鞠欺競,点欺競,点貧,点欺恷貧中.(のぼれるだけのぼる.鞠っていっていちばん貧まで器する.)海い梳を貧り攀める./点貧海涜.

‐徭/便昨.(陣える.)峙輩,貧萎.(竃輩する.) 押繁のそばに匯嶄攀めていた./壓押繁附都便阻匯屁匚. 契俸には帛も匚も契平が攀めている./契錦椎戦契埀晩匚便昨彭. 叨侭に攀めている./壓字購峙輩. ‐麿/(1)野

兆をめる‐なをひろめる/ ‐降喘鞘/

返跨を急める‐たづなをしめる/ 袋瀧咄:tazunaoshimeru‐降喘鞘/1. 冢紗渣,冢紗砿縮.徨工の矧から幻牌が暴に返跨を急めてやる./貫弌扮昨,幻牌祥斤厘冢紗砿縮.

伉をめる邪兆:こころをこめる袋瀧咄:kokoro wo komeru吭房:寔伉糞吭,穫伉穫吭.箭鞘:伉をめて恬った孵祭./娼伉崙恬議崕祭.

狸をめる‐ほこをおさめる/ ‐降喘鞘/1. 辺汚,唯媾.(をやめる.)そそくさと狸をめる./課課辺魁.勸騎迦が狸をめる塘はない./壓勸騎短嗤嬉麻祥緩辺魁議吭房.

圀秤をやめる = 慧虹圀廷

怎を峭める袋瀧咄:ashi wo tomeru吭房:唯和重化.宥り航かりの繁?がびっくりして怎を峭めた./揃狛議繁賄誼唯和阻重化.

利嫋仇夕

All rights reserved Powered by www.3112.net

copyright ©right 2010-2021。
www.3112.net坪否栖徭利大泌嗤盃係萩選狼人捲。zhit325@qq.com